Animation-with-moving-background

Versión 1.0.0 (5.51 MB) por michio
グラフ背景色をデータの追加とともに変化させるアニメーション作成サンプル
5 descargas
Actualizado 30 Mar 2023

「グラフ背景色をデータの追加とともに変化させるアニメーション作成」を R2023a の xregion 関数でシンプルに

View Animation-with-moving-background on File Exchange Open in MATLAB Online

Copyright (c) 2023 Michio Inoue

やったこと

以前書いた「グラフ背景色をデータの追加とともに変化させるアニメーション作成」を R2023a で導入された xregion 関数を使って書き直しました。コードも短く、超楽になりました!

ついでに GIF アニメ―ションも exportgraphics 関数で "Append" オプション指定で実現できるようになっている(R2022a から)のでこちらも活用します。

目次

  • はじめに
  • アニメーション(gif 作成)
  • 背景の追加
  • 背景追加+更新を行う関数作成
  • そして最終形

はじめに

元投稿と同じ書き出しになりますが(笑)きっかけはこのグラフ。

image_0.gif

ある値が閾値(性能限界)を超えるまでの時間を予測したもの。線上を動く山はその確率分布です。予測の手法詳細ついてはこちら:Residual-life distributions from component degradation signals: A Bayesian approach (N Gebraeel, 2005)

予測モデル自体は関数が実装されているのでいいんですが、R2023a より前のバージョンでとても手間がかかったのは青い線ともに変化する、薄い赤青の背景でしたが R2023a の xregion 関数 で超楽になったので、その違いを紹介します。

環境

MATLAB R2023a

以降、アニメーション作成と、背景描画に分けて紹介します。

1. アニメーション(gif 作成)

まずはアニメーション作成。exportgraphics 関数を使用します。

ループで新規データを追加してアニメーションを作成するのに Animatedlineオブジェクト を使い、データの追加には addpoints を使用。以下のコードはリンク先にあるサンプルコードに GIFファイルへの出力を加えたものです。

close
N = 100;
x = linspace(0,4*pi,N);
y = sin(x);

filename = 'animation_sample.gif'; % Specify the output file name
if exist(filename,'file')
    delete(filename)
end

h = animatedline;
axis([0,4*pi,-1,1]) % x軸の表示範囲を固定

for k = 1:length(x)
    addpoints(h,x(k),y(k)); % ループでデータを追加
    exportgraphics(gca,filename,"Append",true)
end

figure_0.png

こんな感じ。

exportgraphics 関数自体は R2020a から使えますが、 "Append" オプションが入ったのは R2022a。R2021b 以前のバージョンだと、ループ内はこんな感じになります。

for k = 1:length(x)
    addpoints(h,x(k),y(k)); % ループでデータを追加
    drawnow % グラフアップデート

    frame = getframe(gcf); % Figure 画面をムービーフレーム(構造体)としてキャプチャ
    tmp = frame2im(frame); % 画像に変更
    [A,map] = rgb2ind(tmp,256); % RGB -> インデックス画像に
    if k == 1 % 新規 gif ファイル作成
        imwrite(A,map,filename,'gif','LoopCount',Inf,'DelayTime',0.2);
    else % 以降、画像をアペンド
        imwrite(A,map,filename,'gif','WriteMode','append','DelayTime',0.2);
    end
end

各ループで画面キャプチャして、imwrite で動画ファイルにフレーム追加していくイメージです。"DelayTime" を使って細かい指定ができるので、必要に応じて今でも利用はします。

2. 背景の追加

背景色として薄い青を追加してみます。以前annotation オブジェクト として四角形を描いていました。グラフに注釈をつけるためのオブジェクトですね。これを使う際の課題として Figure 全体における相対位置を指定する必要がある・・すなわちデータの値がそのまま使えない、という点が残念で手間でした。

ただ R2023a からは xregion 関数が使えます。

N = 100;
x = linspace(0,4*pi,N);
y = sin(x);
plot(x(1:N/2),y(1:N/2)); % 0 => 2*pi までプロット

xmin = 0;
xmax = 4*pi;
axis([xmin,xmax,-1,1]) % 表示範囲は 0 -> 4*pi

hr1 = xregion(0,2*pi,...
        'FaceColor',[0.73 0.83 0.95],... % 薄青
        'FaceAlpha',0.3); % 透明度

figure_1.png

とてもシンプル・・。とはいえ、以前の惨状と比較してみないと分かりませんね。 Annotation を使うとこんな感じです。詳細はこちら(グラフ背景色をデータの追加とともに変化させるアニメーション作成)を見てみてください。

行数は多くないですがやっていることが分かりにくい!

N = 100;
x = linspace(0,4*pi,N);
y = sin(x);
plot(x(1:N/2),y(1:N/2)); % 0 => 2*pi までプロット

xmin = 0;
xmax = 4*pi;
axis([xmin,xmax,-1,1]) % 表示範囲は 0 -> 4*pi

handle_axes = gca; % 座標軸オブジェクトのハンドル確保
pos = handle_axes.Position; % 座標軸オブジェクトの位置、サイズ情報を確保

xleft = pos(1); % 左端の位置
wleft = pos(3)/(xmax - xmin).*2*pi; % x軸方向の大きさ

hr1 = annotation('rectangle',...
    [xleft pos(2) wleft pos(4)],...
    'Color','none',...
    'FaceColor',[0.73 0.83 0.95],... % 薄青
    'FaceAlpha',0.3); % 透明度

3. 背景の更新

新しく追加されたデータの x 座標値に合わせて、動的に背景を変化させるときは、xregion 関数で作られた ConstantRegion オブジェクトの Value プロパティを変えればOKです。

 hr1.Value = [0, newValue];

こんな感じ。

オブジェクトを毎回新しく作成するのではなく、オブジェクトのプロパティ値を更新するのが(メモリ・処理時間的に)スマート。

4. そして最終形

凡例も試しにつけておきます。

close all
filename = 'animation_sampleFinalR2023a.gif'; % Specify the output file name
if exist(filename,'file')
    delete(filename)
end

h = animatedline(DisplayName = "何らかの線");
axis([0,4*pi,-1,1])

ha1 = xregion(0, 0,...
    FaceColor = [0.73 0.83 0.95],... % 薄い青
    FaceAlpha = 0.3, ...
    DisplayName = "前"); % 透明度

ha2 = xregion(0,4*pi, ...
    FaceColor = [0.92 0.84 0.84],... % 薄い赤
    FaceAlpha = 0.3, ...
    DisplayName = "後"); % 透明度
legend

N = 100;
x = linspace(0,4*pi,N);
y = sin(x);
for k = 1:length(x)
    addpoints(h,x(k),y(k));
    ha1.Value = [0, x(k)];
    ha2.Value = [x(k),4*pi];

    exportgraphics(gca,filename,"Append",true)
end

figure_2.png

Citar como

michio (2024). Animation-with-moving-background (https://github.com/minoue-xx/Animation-with-moving-background), GitHub. Recuperado .

Compatibilidad con la versión de MATLAB
Se creó con R2023a
Compatible con cualquier versión desde R2023a
Compatibilidad con las plataformas
Windows macOS Linux
Etiquetas Añadir etiquetas

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!

No se pueden descargar versiones que utilicen la rama predeterminada de GitHub

Versión Publicado Notas de la versión
1.0.0

Para consultar o notificar algún problema sobre este complemento de GitHub, visite el repositorio de GitHub.
Para consultar o notificar algún problema sobre este complemento de GitHub, visite el repositorio de GitHub.