Improving Control Performance with Look-Ahead (Previewing)について

3 views (last 30 days)
Youhei Ogawa
Youhei Ogawa on 3 Jul 2019
Edited: Yoshio on 4 Jul 2019
こんにちは
現在Improving Control Performance with Look-Ahead (Previewing)のSimulate Using Simulink®を見ているのですが、simulinkモデルのReference Previewというブロック内にMATLAB Functionがあり、その関数についてです。
[seq,first,next_t] = mpcblock_preview('ref',data,steps,t);
この'ref'・data・steps・tが何を意味しているのか分かりません。

Accepted Answer

Yoshio
Yoshio on 3 Jul 2019
type mpcblock_preview.m
とすると中身が見られ、解説がありますが、見られましたか?

More Answers (2)

Youhei Ogawa
Youhei Ogawa on 3 Jul 2019
ご回答ありがとうございます。
解説の方を見させていただきました。
私の理解が及ばず数か所分からないところがありますので、教えていただけないでしょうか?
1. %%initializeの一行目、 ismd = double(strcmp(type,'md')) はdouble配列に変換しているということでしょうか?'md'の何をどうしているのかが分かりません。最終的にismdは何を示していますか?
2. %%initializeの三行目、dataの元々のデータはどこから来たのでしょうか?(ワークスペースから引っ張ってきたことは分かります。) また、自分でlook-aheadのモデルを作成するとき、dataは自分のモデル用に追加・変換など行う必要があるのでしょうか?
私の勉強不足な箇所もあるかと思いますが、
以上の2点について詳細に回答いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

Yoshio
Yoshio on 4 Jul 2019
Edited: Yoshio on 4 Jul 2019
ソースコードをここに公開されますと、著作権の侵害になりますので、保守有効なライセンスをお持ちであれば、以降の議論はテクニカルサポートにリクエストをお送りください。なお、ポリシーによりStudentとHome Lisenceをお持ちの方は対応が出来かねますので、悪しからずご了解願います。

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!