Borrar filtros
Borrar filtros

簡便なラッチ回路の構成

37 visualizaciones (últimos 30 días)
Ryo Shinohara
Ryo Shinohara el 19 de Ag. de 2019
Comentada: Ryo Shinohara el 20 de Ag. de 2019
下記のようなコードを作りました。中身は1度でも1の入力がされると、その後は1の入力が続く仕組みとなっています。
これよりも簡便な関数もしくは、simulinkのブロック図がありましたら教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願い致します。
clear;
aa = 0 : 0.01 : 10;
u = ones(1,numel(aa));
flg = zeros(1,numel(aa));
for x = 2 : 1 : 10002
u(x) = sin(deg2rad(x / 10));
if flg(x-1) == 1
flg(x) = 1;
else % flg == 0
if u(x) == 1
flg(x) = 1;
end
end
end
hold on
plot(flg);
plot(u);
hold off

Respuesta aceptada

Shoumei
Shoumei el 19 de Ag. de 2019
MATLABコードがあるのであれば、ラッチ回路部分はMATLAB Functionブロックに移植するのが良いと思います。
SIN波は外部から入力したとして、MATLAB Functionブロック内部のコードはこんな感じになります。
function y = fcn(u)
persistent flg
if isempty(flg)
flg = 0;
end
if flg == 1
flg = 1;
else
if u == 1
flg = 1;
end
end
y = flg;
Simulinkブロック線図で書くのであれば下図のようになります。
latch.png
latch_scope.png
  1 comentario
Ryo Shinohara
Ryo Shinohara el 20 de Ag. de 2019
回答ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

Iniciar sesión para comentar.

Más respuestas (0)

Categorías

Más información sobre Get Started with RF Blockset en Help Center y File Exchange.

Etiquetas

Productos


Versión

R2019a

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!