regionprops関数の応用について。

8 views (last 30 days)
Nagae Ryoya
Nagae Ryoya on 21 Nov 2019
Commented: Kenta on 25 Nov 2019
beboundaries関数の後にregionprops関数を使用し、画像の楕円に沿わせた曲線の長さを測りたいのですが、プログラムがうまく行きません。
regionprops関数の例が載っているページを確認しましたが、自分のプログラムと合わせることができません。
プログラムは以下の通りです。
%%画像入力
kaki_img=imread('box_dark.jpg'); %画像読み込み
%kakiimg=imcrop(kakiimg)
figure(2)
imshow(kaki_img,'Border','tight','InitialMagnification','fit');
%%画像全体のセグメンテーション
kaki_red=kaki_img(:,:,1); %画像のセグメンテーション(赤要素検出)
figure(3)
imshow(kaki_red,'Border','tight','InitialMagnification','fit');
%%画像の二値化
kaki_th=kaki_red>180;
figure(4)
imshow(kaki_th,'Border','tight','InitialMagnification','fit');
%%二値化画像の穴埋め
kaki_th=imfill(kaki_th,'holes');
figure(5)
imshow(kaki_th,'Border','tight','InitialMagnification','fit');
%%二値化画像のクリーンナップ(周囲の白を除去)
cc1=bwconncomp(kaki_th);
main1=regionprops(cc1,'Area');
A=[main1. Area];
[~,biggest]=max(A);
kaki_th(labelmatrix(cc1)~=biggest)=0; %最大の塊となっている1の要素以外の1の要素を0にする
figure(6)
imshow(kaki_th,'Border','tight','InitialMagnification','fit');
%%牡蠣の二値化画像の外周に色付け
BW=imbinarize(I);
%%Detec boundarries
B=bwboundaries(kaki_th,'noholes');
figure(7)
imshow(BW)
hold on
for kk=1:numel(B)
%%'c'で色を固定
plot(B{kk}(:,2),B{kk}(:,1),'c','LineWidth',2)
end
  2 Comments
Nagae Ryoya
Nagae Ryoya on 23 Nov 2019
box_dark.jpg

Sign in to comment.

Accepted Answer

Kenta
Kenta on 24 Nov 2019
BW = kaki_thとして、進めれば実行できました。
以下のような図が最終的に作られました。これでいかがでしょうか。
%%画像入力
kaki_img=imread('box_dark.jpeg'); %画像読み込み
%kakiimg=imcrop(kakiimg)
figure(2)
imshow(kaki_img,'Border','tight','InitialMagnification','fit');
%%画像全体のセグメンテーション
kaki_red=kaki_img(:,:,1); %画像のセグメンテーション(赤要素検出)
figure(3)
imshow(kaki_red,'Border','tight','InitialMagnification','fit');
%%画像の二値化
kaki_th=kaki_red>180;
figure(4)
imshow(kaki_th,'Border','tight','InitialMagnification','fit');
%%二値化画像の穴埋め
kaki_th=imfill(kaki_th,'holes');
figure(5)
imshow(kaki_th,'Border','tight','InitialMagnification','fit');
%%二値化画像のクリーンナップ(周囲の白を除去)
cc1=bwconncomp(kaki_th);
main1=regionprops(cc1,'Area');
A=[main1. Area];
[~,biggest]=max(A);
kaki_th(labelmatrix(cc1)~=biggest)=0; %最大の塊となっている1の要素以外の1の要素を0にする
figure(6)
imshow(kaki_th,'Border','tight','InitialMagnification','fit');
%%牡蠣の二値化画像の外周に色付け
% BW=imbinarize(I);
BW = kaki_th;
%%Detec boundarries
B=bwboundaries(kaki_th,'noholes');
figure(7)
imshow(BW)
hold on
for kk=1:numel(B)
%%'c'で色を固定
plot(B{kk}(:,2),B{kk}(:,1),'c','LineWidth',2)
end
title(sprintf('boundary length is %d',size(B{1},1)))
result.PNG
  8 Comments
Kenta
Kenta on 25 Nov 2019
スケーリングは、撮影する対象の横に、リファレンスといって、何か長さが既知のものを置いておくのが一般的と思います。例えば、画像の横に、一辺10cmの紙をおいておき、それが今回の画像では何ピクセル分に相当するのかを見て、その比率で比例計算をすれば計算できます。ただ、今回の画像だとその基準となるマークも見つけにくそうですね。
今回は、うまくコードが走ったということで話を落ち着け、再度、上のことに取り組んでいただくのはいかがでしょうか。もしわからなそうなら、また今度聞いてもらえればと思います。

Sign in to comment.

More Answers (0)

Products


Release

R2019b

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!